土日亭


>>TOPページ


【完全予約制】
1日314名様までを限定に、  ご予約を頂いております。

【お問い合せ】
平日の昼間は百姓仕事で多忙。夕方に、ご連絡をお願いします。また、同じ番号でFAXも可能。 土曜・日曜は10:00-17:00の間


当尾の里が本で紹介されています

集英社から週刊「古刹名刹 巡拝の旅」当尾の里が発売された。
(本のセールスではないですが) 一冊に当尾の見所が紹介されているので、おすすめです^^
また、この本を本屋に買いに行った際。。。不思議な縁の話。ブログでひとこと!



週末は、当尾の里にたくさんの人が訪れます。
これも、人気のひとつ。


10月1日〜11月30日

五穀豊穣、天下泰平。
豊かな暮らしと平和を授ける幸福の女神吉祥天。
浄瑠璃寺の吉祥天女さんもお待ちしてま〜す。


当尾の里の魅力 「浄瑠璃寺」と「岩船寺」


140年の時を超えて、150の古社名刹 西国(近畿)の名だたる古社名刹が手を結び、

「神仏和合」にもとづく「神仏霊場会」が設立された。

そして・・・新しい「巡拝の道」が誕生。

江戸時代まで盛んに行なわれた伊勢参りや熊野詣のように、

神仏を同時に崇拝していた精神風土を現代に取り戻す巡礼。

「浄瑠璃寺」「岩船寺」も、この 「神仏霊会」の中の二ヶ寺です。



2009年1月 NHKかんさい特集 「みんなが選んだ 古寺を楽しむ」

人気のある古寺に、浄瑠璃寺が第2位に選ばれました。

選ばれた人気ランキング

                           第一位  三千院

                      第二位  浄瑠璃寺

                      第三位  東寺

                      第四位  東大寺

                      第五位  清水寺

                      第六位  室生寺

                      第七位  法隆寺

                      第八位  四天王寺/龍安寺

                      第十位  長谷寺


 2009年3月23日更新 「春の浄瑠璃寺」のご案内





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
浄瑠璃寺

(じょうるりじ)

○拝観時間 開門午前九時  閉門午後五時

            ○冬季12月・1月・2月 開門午前十時  閉門午後四時

             □関西花の寺霊場 第十六

             □西国薬師霊場 第三十七
             
             □神仏霊場 巡拝の道 第128番霊場

−浄瑠璃寺 秘仏開扉−

          □薬師如来像 毎月8日

                    彼岸の中日

                    正月三ヶ日(ただし好天に限る)

          □吉祥天女像 1月1日〜15日

                    3月21日〜5月20日

                    10月1日〜11月30日

          □大日如来像 1月8日・9日・10日(年に一度、この3回のみ)

 

            東方三重塔                         西方九体阿弥陀堂


この寺は東の薬師仏をまつる三重塔、中央宝池、西の九体阿弥陀堂から

成り立っている。

寺名は創建時のご本尊、薬師仏の浄土である浄瑠璃世界からつけられた。

薬師仏は、東方浄土の教主で、現実の苦悩を救い、目標の西方浄土へ送り出す

遣送仏である。

阿弥陀仏は西方未来の理想郷である楽土へ迎えてくれる来迎仏である。

薬師に遣送されて出発し、この現世へ出て正しい生き方を教えてくれた釈迦仏の

教えに従い、煩悩の河を越えて彼岸にある未来をめざし精進する。


そうすれば、やがて阿弥陀仏に迎えられて西方浄土に至ることができる。

この寺ではまず東の薬師仏に苦悩の救済を願い、その前でふり返って池越しに

彼岸の阿弥陀仏に来迎を願うのが本来の礼拝の形である。


  

おもしろい猫がいます。冬は、千両、万両、水仙が美しい。


浄瑠璃寺から土日亭まで車で約10分 ゆっくり歩いて約40分です
浄瑠璃寺は、関東からお越しになる方がとても多いです。

京都に所在するお寺ですが、奈良に想いを寄せられる方が魅力を感じるようです。

浄瑠璃寺で四季のうつろいを感じていただきたいと思います。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
岩船寺

(がんせんじ)

○拝観時間 開門午前八時三十分  閉門午後五時

  ○冬季12月・1月・2月 開門午前十時  閉門午後四時


             □関西花の寺霊場 第十五

             □仏塔古寺十八番霊場 第

             □神仏霊場 巡拝の道 第129番霊場

 

         


創立は天平元年(729)、聖武天皇が出雲の国不老山大社に行幸の時、霊夢によって、

この地に阿弥陀堂の建立を発願、大和の国善根寺に籠居しておられた行基菩薩に

命じて建てられたのに始まる。

その後、弘法大師と智泉大徳が阿弥陀堂において伝法灌頂を修せられたため、

灌頂堂となる。(岩船寺 拝観のしおりより)